屋根の上にソーラーパネルを設置することで、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換し、発電を可能にすると言う太陽光発電は、産業用太陽光発電を初め、一般の一戸建て住宅が主流となっています。
しかしながら、近年集合住宅でもあるマンションにもソーラーパネルを取り付ける事で発電を可能にすることからも、導入を開始している物件も多くなってきていると言います。

 

 

マンションの屋上にソーラーパネルを取り付けることで発電を可能にします。
また、屋上には広大な面積を持つ敷地があるわけですので、従来使い道が無かった部分を利用出来るという事は、スペースの有効化にも繋がるわけです。

}PgžxQ

 

マンションの屋上に設置されたソーラーパネルで発電された電力はそのままでは住居内では電気を利用することが出来ません。
なぜならば、ソーラーパネルで発電された電力は直流の電力であり、住居内で利用する電気と言うものは交流になるからです。
そこで、パワーコンディショナーと呼ばれる設備を利用して、交流に返還をし、住居に供給すると言うものです。

 

 

尚、マンションにおける太陽光発電は、それぞれの住居に公平に電気を供給しなければなりません。
そのため、各戸ごとにソーラーパネルで発電が行われた電気を割り当てられるシステムが導入されているのです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。