既築マンションへの太陽光発電設置を成功させるポイントとして、1番考えて頂きたいところは、費用対効果がどれだけ期待できるかという答え以外ないのでしょう。

 

}PgžxQでは、実際マンションに太陽光発電の設置をお考えの際、どれだけのパネルを載せる事ができ、そのパネルの費用はいくらかかり、そのパネルによっていくら売電ができるか、ここがポイントとなって来るのでしょう。また、発電した電力を全て売電にまわすのか、住人に供給するのかでも変わって来るのでしょう。しかし、マンションの場合はほとんどが屋上ありで、パネルを置くスペースはまず確保できるのです。だいたい、一般家庭の平均で3kw〜5kw、パネルの枚数にすると、15枚〜25枚ぐらいが平均です。ごく普通の一般家庭の年間電力消費量は、約5000kwhなのです。したがって、マンションの場合だと、大きさにもよりますが一般家庭の何倍ものパネルが載せられるようになるわけです。それから、パネルの購入枚数も多いので、業者に値引き交渉をする時に有利に行えるのです。

 

ですから、こういった事を考慮した上で、スペースも確保できるし、価格交渉もできるマンションには費用対効果がものすごく期待できるのではないのでしょうか?

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。